アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社より発売されてきた「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち ダイキャストギミックモデルをつくる」の延長シリーズとして「アンドロメダ」が決定されたものの、公式サイトにて別ページとして公開されました。

「延長シリーズ 前衛武装宇宙艦AAA-1 アンドロメダ」

ヤマトは第110号で完了しますが、西暦2021年3月10日(水曜)よりアンドロメダが第111号からスタートし第170号までの予定となっています。(合計60号分の予定。)

ヤマトと同じ1/350スケールモデルであり、メカデザインを手掛けた玉盛順一朗氏監修のハイディテールなギミックモデルになります。
パーツの素材はヤマトと同じくマルチマテリアル(ダイキャスト、樹脂、金属)となっているので期待したいところです。
各号の価格は\1,666円+税であり毎週販売されるが、定期購読を申し込みされた方には第1回目は111号~113号のセット、114号以降は4号分セットで配送されるの事。

気になるところがある。
「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」というタイトルがあり、ヤマトのところには「©西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会」と書いてあり、アンドロメダのところには「「©西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2205製作委員会」となっている。
版権管理の関係なのか、もしかして「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」にも出てくるのか(友情出演?)、それはまだ分からないですね。(少しだけでも出てくれたらアシェットのアンドロメダのように点灯してみてほしいけど。)

それではこれにて、ご覧いただき まことにありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (Yahoo!ショッピング)
宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (アマゾン(Amazon.co.jp))

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (楽天市場)
宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (セブンネットショッピング)

おすすめの記事