アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社から発売された「鉄の城 マジンガーZ 巨大メタル・ギミックモデルをつくる」第4号が 2021年3月24日(水曜)に発売されました。

プレミアムコースでは、第4号と第5号がセットになっていて、さらに第3号配達時 生産遅れで間に合わなかっギフトBである「兜甲児のオートバイ」、「さやかのオートバイ」、「研究所員(4体)」も一緒に届いていました。
書店販売と違って第4号と第5号がセットになっています。
それを知らない初心者はパニックになってしまいますが開封してみてください。
分かると思います。(私も宇宙戦艦ヤマト2202の時顔が青くなった覚えがありました。)

ギフトBのアイテムたちです。
ファンとしては嬉しいアイテムかと思います。
私はそれよりジェットバイルダーとホバーバイルダーだ!
兜甲児が乗っているからね。


ギフトAも出してみました。

それでは早速第4号を組み立てましょう。
今回は「首とアンテナ、基板の取り付け」です。

冊子にはルストハリケーン、第4話、序章マジンガーZのデザインが載っていました。
ファンとしてはニヤッとしてしまいますね。

パーツは結構細かいです。

ジョイントボールをカップにはめ込んであげます。

それをソケットにはめ込んであげます。

ソケットの横の出っ張りの大きさに注意して首Aにはめ込んであげます。

首Bのパーツを合わせてはめ込んであげます。
4か所をネジでしっかり締めてあげます。
気になっていましたがこれはSW(スプリングワッシャー)を噛ました方が良さそうですね。
可動部分だから。

SW(スプリングワッシャー)はM2用を使えば良いです。

チューブを取り付けてあげます。
私はこの作業を第4号の最後にしました。

光ファイバーを固定具の先端まで挿し込んでアンテナに挿し込んであげます。

頭部に取り付けてあげます。
透明部分を前部側に向け、アンテナの取り付け部分が斜めカットになっているので取り付けに注意してあげます。

第2号に付いていたフラットフォームを頭部にはめ込んであげます。

下から2か所ネジで締めてあげます。

配線コードを左右分けて組み立てた首パーツの穴部分に通してあげます。
ミスト発生器から出ているコードは写真を見て右側になっているからそのまま通してあげると良いです。

このように配線コードが通されているのが分かると思います。

中央の穴をネジで締めてあげます。

第2号で組み立てたタンクプラグを差し込んであげます。
なんだかこれを見ていると「マジンゴー!」「バイルダーオン!」と言いたくなるわ。

かっこよくなってきましたね。

基板とケース、底板を組み合わせてネジでしっかり締めてあげて基板ユニットを組み立てます。

基板ユニットを向きに注意して頭部に取り付けてネジでしっかり締めてあげます。
ドライバーにネジを付けてマスキングテープで仮に固定して締めました。
ネジが落ちたら怖いから。

A-1シールを基板ユニットの「1」と書かれたコネクターに挿し込んであげます。
A-2~A-7も同じように順番に挿し込んであげます。

これで第4号の作業は完了です。

それではこれにて、最後までご覧頂きましてまことにありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。

→ 鉄の城 マジンガーZ /Yahoo!ショッピング
→ 鉄の城 マジンガーZ /楽天市場
→ 鉄の城 マジンガーZ /Amazon.co.jp(アマゾン)

→ ※アシェット・コレクションズ・ジャパンのウェブサイトにe-shopがありますのでそこでも購入できます。

おすすめの記事