「宇宙戦艦ヤマト2199」第7章劇場公開でいつもより人気が高まっています。

見たいところ満載と言うか、最終章なのか皆色々な理由があってご鑑賞をされていると思います。
中には連日続けて観に行く方もいれば、間を開けて観に行く方もいます。

何しろ今回が宇宙戦艦ヤマト2199の最後の劇場公開となるかも知れないからですね。
大手のスポンサーの要望があってもしかしたら宇宙戦艦ヤマト2199劇場版(上映時間およそ2時間)と言うものがでてくるかもしれませんが今のところはっきりしないでしょう。

宇宙戦艦ヤマト劇場版と言う初作ではTV放映してから1本にまとめて劇場公開していました。

TV版向けをOVA版として劇場公開したのがこの宇宙戦艦ヤマト2199各章になりますが、TV版でも人気が高まってるという事はスポンサーでも多くの利益を得ているのではないのでしょうか。

さてと宇宙戦艦ヤマト2199グッズの方でもかなり人気があり、プレミアムが付く商品まで出ています。
なかでも初日に購入してきた宇宙戦艦ヤマト2199劇場用プログラム収納ケースは重宝します。

宇宙戦艦ヤマト2199全章のパンフレットをお持ちの方にはお勧め出来るグッズですね。
価格はなんと¥1,000円。安い!

持ち帰り次の日に開封してみました。
単なるケースかと思ったら違いました。

スリーブケースが付いてるんですね。
つまり中ケースの上にかぶせるように限定生産CD仕様のようになっています。

このスリーブケースデザインもなかなか良い。
中ケースのパッケージ画の宇宙戦艦ヤマト勇姿を魅せるようにスリーブケース側に〇型に切り抜いた加工になっています。

問題は他の方がおっしゃってた事でパンフレットが入らないと心配していました事です。
1冊ずつ入れてみると高さはぎりぎりで入りますが厚みが合わない感じですぐには入らないんですね。

どうやらこのパンフレットの厚みを見ると膨らんだ感じになっているからでしょう。

本当はパンフレット7冊を重ねて寝かせて上に重たい厚本を数冊載せて膨らみを抑えた上で収めるのが一番ですが、入れ方のコツがあるのでやってみました。

7冊のうち3冊をケースに入れておいて2冊を半分まで入れた状態でこの2冊の間に2冊を入れてまとめて入れるとすんなり入りますね。

でもわずかですがふくらみは出ます。
後はスリーブは軽くかぶせる事が出来ますし本棚に収めて横から本で抑えておけばOKですね。

自分は購入時についてた透明ビニール袋の中に入れて収めました。

おすすめの記事