一般向けに使用していたPCが突然不調になったものの、OSの新ビルトへのアップデートが早すぎたのが原因だったのは分かるけど、今まだに2台のモニター接続の方は健在である。
秋にWindows11が出るのと、8月26日にゲーム「Aliens:Fireteam Elite」が発売されることから、ゲーム用PCの一部のパーツを入れ替えることにしました。

7月に入ってからPCをどのように変えていくか念入りに検討したところ、Windows11は出たばかりですと初期不具合がでることもあるし、第12世代CPUも秋に出るけどこれも見送ることに。
ゲーム向けPCも2011年6月に購入したもので一般向けPC同様10年は過ぎている。
8月に発売される新ゲームをすることとWindows11に対応出来るように合わせてPCの中の必要なだけのパーツを交換することにしました。

CPU:Core-i7 980X EM → Core-i7 11700K(第11世代、LGA1200)、Core i5 11600Kが欲しかったけど売り切れた為。
CPUクーラー:980Xは元々CPUについていましたが今回はクーラーマスターのHYPER 212 EVO V2
MB: ASUS R.o.g RampageⅢ Formula → ASUS Rog Strix Z590-F Gaming WIFI
メモリもMBの仕様に合わせて規格を変えて計6GB→途中で変更して12GB位→今回は32GBにしました。(万一動かなかったときの交換が出来るメモリ相性保証にも入っています。)
GPUは今パーツ代が結構高すぎるので落ち着いて余裕が出来てからにしました。(CPU側にグラフィックス機能が内臓されている。)

PCケースは今使っていたクーラーマスターのCM690Ⅱ Plus Whiteの後継モデルとして出たCM694、今日到着。

マザーボードです。
Rog StriX Z590-F Gaming WIFI(WIFIなしタイプが欲しかったけど用意されていない為)。

Core-i7 11700Kです。(Kとはオーバークロック可能ってことです。)
Core-i5 11500Kがすでに売り切れたが、Core-i7 10700Kとか10600K、10800Kなども考えましたが、店頭側がキャンペーンをやっていたのでそれに合わせて選ぶしかありませんでした。


HYPER 212 EVO V2です。
オプションとしてファンをもう1個買えば反対側に取り付ける事は可能です。
虎徹マークⅡとかも考えましたがファン速度が大きい、速度範囲が広い本品を選択しました。

PCケース: CM694 です。
SSDやHDDを収納出来るトレイBOXが取り出せる、1トレイにSSDとHDDを取り付ける事も可能で管理もしやすい収納式になっていました。
ゲーム向けなので静音より排熱優先としてメッシュパネルで覆われたものにしました。
見える側は強化ガラスですね。
グラフィックスカードの下がり防止できるスタビライザーもついています。

なるべく10年は使い続けたいからミドルタワーで大きめのサイズが良いと判断しました。


それではこれにて、ご覧いただき まことにありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

おすすめの記事