アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社より、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち ダイキャストギミックモデルをつくる第93号が2020年(令和2年)11月4日(水曜)に発売されました。

書店入荷日である今日、書店まで取りに行きましたが、試験販売中だったマジンガーZ 創刊号は見かけませんでした。
買う前に検討したかったね。

早速取り掛かりましょう。
今回は「基板と配線の取り付け」です。

開封前の商品、この姿もだんだん見かけなくなる日がやってきそうです。

冊子です。
設定資料はなく第23話の事だけでした。

基板とネジとケーブル留めパーツだけでした。
この基板を入れていた袋は静電防止袋ですね。

基板を止める前に第一副砲の旋回モーター、砲身上下モーター、パルスレーザーの載ったユニットのモーターの基盤につないだ配線コードを基板を止めるネジ部(写真を見て上の方)の間を通るようにしてマスキングテープなどで留めてあげます。

基板を取り付けてネジで締めてあげます。
向きは数字が読める方向です。(逆様ではないです。)
写真は撮影の為に、箱を工作加工したものを置いてその上に本体を裏返しして載せています。
手に持つなら第一副砲の横のパルスレーザーの砲身(写真を見れば左側に丸いものが4個ある)を内側に向けてそこを持つと良いでしょう。

第二主砲旋回モーターの上にクリップパーツを取り付けます。
向きはどっちでもいいですが私は手前側に歯を向けました。

第二主砲の上下モーターの基盤に取り付けた配線コードをクリップパーツに通して基板のコネクタ「6」に挿し込んであげます。
旋回しやすいように無理して引っ張らないでね。


第二主砲の測距儀のLED用配線コード2本をクリップパーツに通して基板のコネクタ「8」、「9」に挿し込んであげます。(どっちでも良いです。)
旋回しやすいように無理して引っ張らないでね。

第二主砲の旋回モーターのコードを基板のコネクタ「7」に挿し込んであげます。

最初に基板の下に通しておいたコード3本のうち、第一副砲上下モーターからのコードを基板のコネクタ「11」に挿し込んであげます。

第一副砲旋回モーターからのコードを基板のコネクタ「10」に挿し込んであげます。

パルスレーザー砲のユニットのモーターからのコード(写真を見て右側の方です。)を基板のコネクター「12」に挿し込んであげます。

司令塔からのコードを基板のコネクター「1」に挿し込んであげます。
ピンセントがあれば挿し込みやすくなると思います。

八連装ミサイル発射塔(煙突)のLED基板からのコードを写真のように間を通り、基板の下を通って基板のコネクター「3」に挿しこんであげます。

これで第93号の作業は完了です。

まあ、二つ作ってしまいました。

次号は第二主砲のパーツ交換とテストですね。
いよいよ来ましたか。
テストは半分前の方の部分だけでしょう。
第二副砲、第三主砲、艦尾側のコードがつながれていないから。

それではこれにて、最後までご覧頂きましてまことにありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ちしております。

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (Yahoo!ショッピング)

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (アマゾン(Amazon.co.jp))

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (楽天市場)

宇宙戦艦ヤマト2202をつくる (セブンネットショッピング)

他にヨドバシ.com、ヤマダウェブコム、各書店(店長が独自で注文しているところあり)でも見かけました。

アシェット・コレクションズ・ジャパンのウェブサイトにe-shopがありますのでそこでも購入できます。(売り切れてもしばらくしたら足してくれるので待ってみた方がよろしいかと思います。)

コメント一覧
  1. より:

    追加2。 切れた配線の件ですが、昨日早々に着きましたよ❗
    早速テスト。\(^^)/ですわ。 コネクターの爪は切りました。

    義兄のおっしゃる通り船体内に多分入るであろう?バッテリーboxかとf(^_^)
    で、ないと電源は何処から?になりますもんね(((^^;)

    • AQUARIUS より:

      澪様、着いていたんですか。
      それはよかったですね。
      コネクターの着脱は基板コネクター抜き(SS-10)とかを使えば安心できそうです。
      電源は電池じゃないでしょうか。
      戦艦大和のギミックモデルも電池だったけど。
      例えば艦首側に単3型電池数本、艦尾側に電池数本、中央に電池4本とか船体の中が余裕なくなりそうな気がする。
      バッテリー電池とか四角型電池とかどうなるか分からないですね。

  2. より:

    追加。
    繋がってない話なら、艦首甲板下の配線と今回の司令塔の配線も未だですよね。
    艦首甲板下の配電盤、何時になったら配給されますやら。

    • AQUARIUS より:

      澪様、コメントありがとうございます。
      司令塔の配線は今回の基板の1番ですね。
      基板の艦尾側の四角穴から出てくる7、8本配線が司令塔の配線ですが写真の通り挿し込みました。
      そこの基板からどのようにつながるか、第一主砲より艦尾側に留めた配電盤もまだつながっていないですね。
      たぶん第二主砲の下にリモコン電波も受ける中央制御盤を設置するとしたら第二主砲側のパーツ交換は避けられないんじゃないかな。
      メーカー側で干渉問題が起きたんだろうと思う。
      気になったのはバッテリーか電池格納するケースを置く場所ですね。

  3. より:

    今回は少々手こずったかとf(^_^) 何せ持ち辛い❗
    副砲の上下モーターの配線ですが、配電盤の下を潜らせるとコネクターの根元?が
    折れる?つーか、変なテンションがかかり下手すると断線!が、怖いのであえて上から
    差し込んでます。
    94号って何の交換だろ。モーターやったら洒落にならんよ。
    コネクターは一度差し込んだらまぁ抜けないですから!Σ( ̄□ ̄;)

    • AQUARIUS より:

      澪様、おはようございます。
      持ちにくかったですね。
      基板をマスキングテープで仮留めしたり、ドライバーの先にネジを付けてマスキングテープで両方貼って留めると作業がしやすくなると思います。
      ネジを少し入れたら横にして締めていました。
      その配線が船体側に空間があるならあなたのおっしゃる通りでよろしいかもしれません。(取り付けた時重力によって垂れさがるが。)
      94号のパーツ交換ですね。
      前の記事でのコメントもそうかもしれないけど旋回時配線が絡みそうな気がするのでその対策もあるかもわかりません。
      船体側には何かをはめるようなネジ孔?が見えるけどそれと干渉するならモーターを短いものに変えるのかもわかりません。
      パーツが届かないと分からないですね。

コメントを残す

関連キーワード
おすすめの記事